堺の看板屋さん−トクダ看板イン土師

トクダ看板イン土師

トップページご注文・お支払い方法製作施工例アクセスよくあるご質問お問い合わせ


 H O M E  >  大判プリント
     インクジェットとは?



チェック1300mm幅フルカラープリントです
(1300mm以上のサイズは分割出力となります)
チェック屋外対応のラミネート加工で耐光年数3〜5年です
チェック塩ビシート(ポリ塩化ビニル)で伸縮性があります

ポリ塩化ビニルには、優れた耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶酸性があります。

大判インクジェット出力
種類

塩ビシート裏グレー糊(ツヤ有り・ツヤなし)
電飾乳半シート裏透明糊(ツヤ有り・ツヤなし)
クリヤーシート裏透明糊(ツヤ有り・ツヤなし)
テント用生地ターポリン(ツヤなし)
ポスター用紙(コート紙)(ツヤ有り・ツヤなし)


看板の豆知識A

インクジェットとは?

      大判インクジェットプリンター

今や街角のサインでメインとなっているのがインクジェットです。多彩なカラーや写真やイラストを使った看板もこのインクジェットによる看板です。

インクジェットプリンターは、写真やイラストなどをそのままプリントします。専用のRIPソフトを使うことによって、拡大しても高解像度で美しい描写ができるのが特徴です。

溶剤インクプリンター・水性インクプリンター・UV硬化インクプリンター・ラテックスプリンターとインクジェットプリンターと言っても色々な種類のプリンターが色々な用途によって使われてます。

写真を現像するように、引き伸ばして出力することができ、どれだけ
拡大してもきれいな解像度で印刷できるので写真画像などを利用した看板には最適なのです。

年々パソコンやプリンター技術の進化で、より高画質に、よりリーズナブルに印刷ができるようになってきました。


カッティングシートと同じくインクジェットプリンターインクには耐久年数がありますが、ラミネートと併用することで屋外看板に使用できます。

メディアと呼ばれるインクジェットシートには、ステッカーシールや看板だけでなく、車のボディー用や凸凹した面用などのインクジェットシートもあります。

インクジェット看板
インクジェットで大きく出力された看板
インクジェットカーラッピング
カーラッピング、車のボディーにも
インクジェットでプリントされたシートを貼り付けることができます。

時代とともに看板製作・施工の仕方も変わってきました。

昔は手書きだった看板も、今では逆に貴重なものとなり、ほとんどなくなってしまいました。
資材もどんどん性能の良いものが生まれてきています。
時代の流れと技術の進化により看板製作の現場にも変化が現れてきています。
昔では考えられないようなことや不可能だったものがどんどんできるようになってきて、看板技術の進歩は魔法のようです。

インクジェットで看板表現の可能性はとても広がりました。
イメージ

 詳しくは、お問い合わせ下さい
電話072-270-2016
お問い合わせフォームはこちら
 このページのTOPへ